オートロックの種類と特徴

マンションからオフィスまで、最適なオートロックシステムを紹介!

このページでは、オートロックシステムの各種方式の特徴をまとめています。

オートロックシステムの種類

現在では、100を超える方式が開発されていますが、大別すると以下のようになります。

暗証番号式

テンキーで暗証番号を入力して解錠するタイプのロックシステムです。カギを持ち歩く必要がないため、紛失や締め出しの心配がありません。機械式の物も存在しますので、配線などの大掛かりな施工が必要ないというメリットもあります。

リモコン式

キーホルダー程度のサイズの小さなリモコンを使って、遠隔操作で施錠するタイプのロックシステム。
手が離せないときの来客や、家族が帰ってきたときなどに、わざわざ玄関まで行かなくてもカギを開けられる点が便利です。居住者に便利なシステムですね。車のキーなどにも使われているのでご存知の方も多いと思います。

非接触ICカード式

ミクロンサイズのICチップを搭載したカードを使うロックシステム。ようするに、スイカやパスモでもおなじみのIC認証カードを利用した方式です。現在では、携帯電話などにもICチップが搭載されているため、それらをそのままカギとして利用できる点も人気をよんでいます。
複製が困難で、入退出の履歴管理もできる点など、セキュリティの高さも注目です。

指紋認証式

指紋をカギとして使うシステムです。指の表面をスキャニングし、所定の照合ポイントを突き合わせて認証するもの。指紋は一人ひとり違いますから、不正に解錠することは限りなく困難です。かつては、軍事用途でも使用されていたシステムですので、セキュリティの高さは随一と言えるでしょう。

効果的なオートロックシステムの選び方

最近では、個人住宅への導入も増えているようですが、ここでは以下の二つを紹介しておきます。
※個人宅向けのオートロックシステムについては、下のリンク先のページをご覧下さい。

マンションの場合

お部屋探しの必須条件ともなりつつあるのがオートロックシステム。エントランスだけでなく、個々の部屋にも導入したいものです。
そこでお奨めしたいのがICカード式と暗証番号式。従来のカギでは、居住者の入退出のたびに錠前を付け替える必要がありますね。しかし、ICカード式や暗証番号式なら、登録情報を変更するだけでいいので錠前交換のコストが削減できるのです。全戸を一括管理できるコードも設定できますので、従来のようにマスターキーを保管する必要すらなくなるのです。

オフィスの場合

情報漏洩や盗難を避けるためには、カギの紛失等は絶対に避けなければなりません。その場合に有効なのが暗証番号式のロックシステム。
そもそもカギ自体が存在しないので、紛失する心配などありません。定期的に番号を変えるなどして、セキュリティを高めることも可能です。
ちなみに、導入コストの圧縮という点で注目したいのが、オートロックシステムの“電源”。電池を利用するものと、電気配線工事をして電源をとるものがありますが、前者は工事が不要なため比較的取り付けが容易で、コストも抑えることができます。

>>信頼性で選ぶオートロックシステム一覧<<

オートロックシステム施工ナビ