オートロックシステムとは

マンションからオフィスまで、最適なオートロックシステムを紹介!

このページでは、オートロックとはどんな物かということを解説していきます。

オートロックとは

簡単に言うと、オートロックとはドアが閉まった際に自動的にカギがかかるシステムのことを言います。不審者や勧誘員などが住戸やビル内に入るのを防ぐことができ、防犯対策として導入されています。カギの開け閉めは、主にインターホンを使ったやりとりや、暗証番号による認証で行われます。近年では非接触ICチップや指紋認証といった最新の技術も応用されています。

オートロックが導入されている場所

今では様々な場所に導入されているオートロック。その代表的な事例を紹介します。

マンションのオートロック

マンションのイメージマンションのオートロックシステムは、共用玄関部分、いわゆるエントランスに設置される場合と、各戸のドアに設置されるものに分かれます。共用玄関部に設置されるものは、来訪者がエントランスに設置されているインターホンを使って居住者を呼び出し、居住者が来訪者を確認してロックを解除する仕組みになっています。居住者が外からマンション内に入る場合は、暗証番号やICカードなどを使ってロックを解除します。
一方、各戸に設置されるものは、より高いセキュリティを提供するという意味もありますが、今までのように入転居のたびにカギを取り替えるという無駄を省くために導入する例も増えているようです。最新のデジタルロック方式のものであれば、暗証番号を設定し直すなり、登録データを更新するなりすれば、一切コストをかけずに自分で対応できるからです。最近では、建設時からオートロックシステムを導入することが多いのですが、既存のシリンダー錠と交換するような需要も増えているそうです。

一戸建のオートロック

一戸建てのイメージ一戸建ての場合、玄関に設置するケースがほとんどですが、最近では門扉に設置するような事例も増えています。確かに、犯罪者を自分の敷地内へ侵入させないためには、これが一番効果的かも知れませんね。この場合も、マンション同様、インターホンを使って居住者が来訪者を確認し、ロックを解除するようになっています。中には、防犯カメラ付きのインターフォンと組み合わせ、門扉にオートロックを取り付けた上で、さらに玄関部もオートロック化するような例もあるようです。いささか大げさかもしれませんが、この場合、玄関部のオートロックはカギの閉め忘れを防止する効果を狙って設置しているようです。

ビル・オフィスのオートロック

オフィスのイメージオフィスやビルにもオートロックシステムは多く導入されています。ビルの防犯には守衛による警備が行われることもありますが、コスト削減のためにオートロックシステムを利用するケースが増えています。マンション同様に、訪問者はドア付近に設置されたインターホンや電話を使って訪問先と連絡を取り、ロックを解除してもらいます。また、オフィスの従業員などは暗証番号のほか、社員証などについているICチップなどを利用してロックを解除します。

ホテルのオートロック

最近では、客室にオートロックシステムを設置しているホテルが多く見られます。カードキーが主流となっていて、カードを室内に置き忘れることを防ぐために、カードが室内の電灯のスイッチを兼ねていることもあります。

ちょっと意外な場所のオートロック

実は地下鉄の車両でもオートロックシステムが利用されているんです。ワンマン運転を行っている地下鉄などでは、乗務員室と客室の間の扉にオートロックシステムが設置されており、扉が開くとブザーが鳴るなどの防犯対策が取られています。

最新技術「非接触式オートロック」

上でも少し触れましたが、近年はカードキーや携帯電話を使った非接触式のオートロックシステムが増えてきています。非接触型のICチップが埋め込まれたカードや携帯電話をかざすだけで解錠ができるようになっています。

物理的なカギを使用せず、電波だけで施錠・解錠が行われるため、カギの複製が極めて困難なのが最大の特長です。これまでは導入に大規模な工事や多額の費用が必要だったのですが、近年では簡単な工事でも導入できるようになってきています。

普段使っている携帯電話や、電子マネーカード、ICチップつきの社員証などをカギとして使うことができるため、オフィスのセキュリティシステムとしても導入が進んでいます。

また、携帯電話をかざすのではなく、電話をかけることでロックを解錠するシステムもあります。自動ドアのそばにある携帯電話に電話をかけると、予め登録しておいた番号からの発信の場合のみ解錠する仕組みになっています。電気配線工事なども必要なく、工事や費用をかけずにオートロックシステムを導入する場合に向いています。

>>最新型オートロックシステム一覧<<

オートロックシステム施工ナビ