鍵の種類を知ろう

私たちが外出する際、必ずするのが戸締まり。

「鍵」は防犯の基本です。

ここでは市場に出回っているさまざまな鍵を防犯の面から見ていきます。

鍵の種類と防犯性能

鍵の種類には以下のものがあります。

サムターン

ドアの内側についている鍵です。

「サム」が親指「ターン」が回す。という意味を表しており、つまんで回す鍵です。

外側から不正に回されて、空き巣に入られる代名詞にもなってしまっています。

シリンダー錠

現在主流の鍵です。鍵穴に鍵を差し込むタイプのものです。

鍵の種類によって、ピッキングによる防犯性に違いがあります。

最もピッキングに弱い鍵は「ディスクシリンダータイプ」と呼ばれる物で、鍵の形も

他の物と比べると単純にできています。

最も強いのは「ディンブルシリンダータイプ」で鍵に細かい穴が空いているタイプです。

補助錠

本来の鍵とは別の場所にある2つ目以降の鍵のことです。

玄関の鍵が2つあるだけでも、侵入する時間が2倍になるという警告を侵入者に与え、侵入を回避する効果があります。

鍵が2つついていると、バールなどでもこじ開けにくくなるというメリットもあります。

防犯に役立つものとは

玄関からの侵入手口のほとんどが、ピッキングかサムターン回しです。

古くて弱い玄関ドアなら、ドアの隙間からバールをつっこんでむりやりこじ開けるという手口もあります。

鍵もいろいろ進化してきていますが、侵入者もその先の対策をねっているのです。

オートロックシステムなら、鍵穴がないのでピッキングとも無縁ですし、サムターンもないので外部から回されるという心配もありません。

ドアを閉めればすぐにロックされるので、鍵のかけ忘れもありませんし、鍵を紛失することもないのです。

今のところ、玄関の防犯に最適なのはオートロックシステムと言えるのではないでしょうか。

オートロックシステム施工ナビ