防犯カメラの効果は?

マンションからオフィスまで、最適なオートロックシステムを紹介!

ここでは、防犯カメラを設置することで期待できる効果について解説しています。

防犯カメラによる犯罪抑止効果

防犯カメラの技術向上によって、最近では犯人逮捕にもつながる鮮明な映像をとらえることができるようになってきました。最新の防犯カメラであれば、紙に書かれた文字まで読めるようになってきたと言いますから、犯人の顔も特定することが可能です。

特に商業施設などにおいて、防犯カメラが複数箇所に設置されている場合、顔の識別まではできなくても、1人の人物の行動が時間とともに記録されるため、容疑者を特定しやすくなる、ということも可能です。
つまり、防犯カメラが設置されている場所での犯行は犯人に取って非常にリスクが高く、防犯カメラが設置されているだけで、犯罪を踏みとどまる抑止力ともなっているのです.

防犯カメラさえあれば安心?

防犯カメラは確かに犯人特定に役立ち、抑止効果があるのは確かです。そのため、日本においても警察が捜査目的に公共機関に多数設置していますし、商業施設などにも当然のように、多くの監視カメラや防犯カメラを設置されています。

しかし、防犯カメラの抑止効果については、完璧といえないところがあるのも事実。というのも、事件発生後の捜査において役立つことは確かではあってもみで、未然に防ぐという意味では、万全ではないのです。

防犯カメラの死角となる場所から家宅や店内に侵入されてしまった場合に備えておくことが、やはり必要です。事件が起こってしまってから犯人を特定できたとしても、被害が取り戻せるという訳ではありません。オートロックシステムのような強固な防犯システムを導入し、侵入を防ぐことで対策しましょう。

オートロックシステム施工ナビ