補助錠による防犯

補助錠とは、主錠の他に防犯性を高める為に取り付ける、もう一つの錠前の事です。

補助錠が既に設置されている戸建・マンションは少なくないため、馴染みのある方も多いかと思います。
ここではその補助錠の効果と、その補助錠をオートロックシステムにした場合の利点などについて見ていきたいと思います。

補助錠の防犯性

国土交通省の「防犯設計指針」でも奨励されている防犯措置のうちの一つが、補助錠の設置です。

別名を1ドア2ロックとも言い、文字通り、1つのドアに錠を2つつけること(主錠のほかに補助錠を付けて防犯性を高めること)を言います。

錠が2つ以上付いていることにより、侵入に要する時間も2倍以上かかることになり、見た目にも侵入を諦めさせる効果があります。

警視庁の空き巣聞き取り調査によると、侵入に5分かかると空き巣の70%が犯行をあきらめ、 また、空き巣の90%以上が侵入に10分かかると犯行をあきらめます。 つまり、侵入口の防犯設備が開錠行為や破壊行為に10分間持ちこたえれば、空き巣は退散します。 空き巣は「鍵開け3分、物色5分」と言われます。素早く侵入し、素早く逃げるのが信条なのです。

ひとつの錠で3分の計算ですと、ふたつの錠で倍の6分、みっつで9分...と、それだけでも空き巣を退散させる十分な強みとなる事は明白です。

補助錠としてのオートロックシステム導入の提案

現在の皆さんの住居が主錠のみであれば、補助錠の導入を強くお奨めします。

では、どういった錠を選ぶのが良いのか。 「あくまで補助錠、簡易なもので済ませよう」、と思っている方も多いと思います。 しかし、ここは是非、補助錠にもオートロックシステムの導入をされる事をお奨めします。

オートロックシステムにより、まず物理的に鍵をあけることが出来ず、ピッキングやサムターン回しによる空き巣被害が減ります。 そして何よりも、従来通りひとつのキーのみで、二重の鍵がかかります。 主錠・補助錠共にキー方式であるが故に、「これ以上キーが増えるのは面倒」との声は多く、せっかくの補助錠付き住居でも、鍵を一つしか掛けないという方も現におり、補助錠がある意味を成していません。 また、オートロックシステムはドア穴に加工をする必要がないものも多いので、借りる側が設置することも可能、さらに原状回復も簡単にできるので、賃貸でもカスタマイズした防犯対策がとれるわけです。

主錠が現在キー方式である皆さんは、わざわざ主錠を変える必要なく、オートロックによる防犯システムを獲得でき、さらには補助錠(1ドア2ロック)という防犯性も成し得ます。

そういった理由から、キー方式の補助錠が既に設置されている住居でも、既にオートロックシステムが導入された主錠のみの住居でも、簡単に取り付けられ、防犯性能も更に向上するオートロックシステムによる補助錠。

これを機に、補助錠としてのオートロック導入を検討してみてはいかがでしょうか。

オートロックシステム施工ナビ