個人住宅の場合

マンションからオフィスまで、最適なオートロックシステムを紹介!

「空き巣に狙われやすい家」ってどんな家かご存知ですか?

住宅密集地のイメージ実際の空き巣の犯人によれば、「雑居ビル中心の街」よりも、「個人住宅やアパート・マンションの多い住宅地」にある家のほうが狙いやすいそうです。加えて、区画整理がされていない住宅地や、街路樹などで見通しの悪いところに立っている家はより狙いやすいとか。なかでもとりわけ狙いやすいのが、大通りから入り組んだ道に入ったところに立っている家だそうです。

それがわかっていても、家の立地条件は変えることができません。だからこそ、「空き巣が入りにくい家」をつくるためにセキュリティをよく考えなければなりません。

空き巣は、さまざまなカギを短時間で開けてしまうノウハウを持っています。ところが、開けるのに10分以上かかるものについては諦めてしまうそうです。そんな空き巣が開けることのできないカギ、それはオートロックシステムです。空き巣の主な手口であるピッキングやサムターン回しに強いオートロックシステムは、今や住宅のセキュリティには欠かせないものだと言えそうです。

では、住宅へのオートロックシステムの導入事例をいくつか紹介しましょう。

キーレスタイプのオートロック導入事例

まずは、カギの紛失も防げる、キーレス錠の事例から。

事例1:子供にカギを持たせないように…

家族5人で住んでいる家にボタン式の電子錠を導入。
共働きの家庭なので子供もカギを持ち歩いているが、万が一カギを落としたときに、拾った人がカギを複製してしまうことが心配。
そこで、カギを使わないボタン式電子錠を導入
結果として、ピッキングやサムターン回しを防止することもできるようになった。

鍵を持つ子供従来のカギを使っていて、もっとも心配なのがカギの紛失と複製。
カギを落とす心配だけでなく、「ちょっと貸してごらん」なんて声をかけて、わずかな時間の間にカギを複製してしまうなんてこともありえます。
その点、鍵穴が存在しないキーレス錠なら、ピッキングやサムターン回しによる侵入を防ぐこともできます。ドアのこじ開けに反応して鳴る警報も、多くのオートロックシステムに搭載されているので安心ですね。

事例2:カギを持たない生活

カギを持たない生活がしたいと思い、キーレス錠を導入。
賃貸住宅なのでドアに加工ができないため、
サムターンの上からかぶせて設置するタイプ
を選んだ。
カギを持ち歩く煩わしさから開放されただけでなく、
配線工事も不要で費用もかなり安く抑えられた。

こちらもサムターンを隠して設置するタイプなので、サムターン回しやピッキング対策になっています。カギを持たない生活が実現できた上にセキュリティが高まり、一石二鳥ですね。
ボタン錠は電気を使わない機械式なので、配線工事が必要ありません。そのため導入コストを抑えることができるのも魅力のひとつです。

電動リモコンタイプのオートロック導入事例

次は、車などのカギにも使われている、リモコン式のロックシステムの導入事例です。

事例1:足腰が悪いのでリモコンを…

85歳で一人暮らしの男性宅に、電動リモコンの電子錠を導入。
あまり足腰の具合が思わしくなく、来客があっても玄関までカギを開けに行くのに時間がかかり、本人も焦って転んでしまう危険がある。親族やヘルパーが訪ねてくることもあり、そのたびに立ち上がるのは負担が大きく、来訪者を待たせずに済むようにと導入することに。
主錠は既存のものを使い、電動リモコン錠は補助錠として使用。昼間の在宅時には主錠を開けておき、補助錠である電子錠でロックしておく。来客があったときはインターホンで確認をした上でリモコンを使って解錠するようにし、不審者の侵入を防ぐようにしている。
また、就寝時などは主錠と補助錠を使って二重にロックして、安全性を高めている。

利便性とセキュリティを両立した導入事例ですね。お年寄りの一人暮らしとなれば強盗なども心配になりますが、オートロックシステムにはこじ開けに反応してアラームがなる機能が備わっているので、万が一のときにもご近所に危機を知らせることができます。
また、主錠と補助錠の二重ロックになるので、セキュリティを高めることにも成功しています。

事例2:宅配便・セールスマン対策

宅配便やセールスマンが来たときに、インターホンで対応した後、勝手に門のなかに入って家のドアの前まで来ていることがあった。見知らぬ人がドアの前まで来るのは怖いが、門は家族が頻繁に出入りするのでいちいち解錠しに門まで行くわけにもいかない。
そこで、家のなかにいても解錠できるリモコン式の電子錠を設置。インターホンで家族や知り合いだと確認してからリモコンで解錠できるようにした。

ドアを開けたら、門ではなく目の前に来訪者が立っていた…なんて少し怖いですよね。もしそれが宅配業者を装った強盗だったら…などと考えてしまいます。そんな危険から身を守るために、門扉にオートロックシステムを設置するという事例もたくさんあります。

いかがでしたか?どのケースも、単に利便性が高まるだけではなく、セキュリティを大きく高める効果があることがおわかりいただけたでしょうか。
現代の住宅事情に欠かせないオートロックシステム。ご自分の条件にあったシステムをぜひ見つけてみてください。

>>お奨めのオートロックシステム一覧(価格付き)<<

オートロックシステム施工ナビ