オートロックシステム施工ナビ

マンションからオフィスまで、最適なオートロックシステムを紹介!

お奨めのオートロックシステム一覧

オートロックシステムのイメージ最近では、一般家庭へも普及しはじめているオートロックシステム。

マンションなどの集合住宅では、既に物件選びの必須条件になりつつあります。

ただ、その一方であまりにも多くの製品が出回っているので、どれを選んだら良いか分からないという人もいるでしょう。

そこで、
防犯業界のプロの意見をもとに、物件のタイプごとに最適な製品をピックアップしました。

Re・BornII

1戸建て・マンション各室のロックならコレ!

Re・BornIIの画像 施錠方式 電動リモコン式
防犯対策 施錠完了をブザーでお知らせ!閉め忘れの心配がありません。付属のキャップを装着することでサムターン回しもブロックします。
設置工事 単三アルカリ電池6本で動作するため、複雑な配線工事などは不要です。ドアに小さな装置を付けるだけ!
参考価格 20,300円~(別途、設置費用が必要)
コメント

もともとドアに付いている鍵はそのままで、上からかぶせるように装着するだけで使用できます。別途リモコンキー(子機)を最大8個まで追加登録できるので、二世帯同居のような大家族でも使用できます。

>>Re・Bornの取り扱い業者はこちら

LOCKIT

賃貸マンション・オフィス向け!携帯電話が鍵になる

LOCKITの画像 施錠方式 電子ロック(携帯電話の他、ICカードやシリンダー鍵にも対応)
防犯対策 ドアがこじ開けられた場合や、カギが破壊された場合にアラームが鳴る「不正解錠アラーム」を搭載。また、登録されていないICカードが5回連続で使用されると、解錠が一時的に遮断される「不正カード防止機能」を搭載しています。
設置工事 電源内蔵型(単三電池4本)のため、配線工事が不要です。現在使用しているカギに、小さな装置を取り付けるだけでOK。
参考価格 33,600円~(別途、設置費用が必要)
コメント

携帯電話やICチップ搭載のカードキーを装置にかざすだけでロックできます。既存のシリンダー錠に、装置本体をかぶせるだけなので、取り付け工事も20~30分程度。取り外しも簡単なので、賃貸物件に最適です。国際規格(ISO14443A/B、ISO15693、Felica[ISO18092])に対応した、高いセキュリティ性能を誇っています。

>>LOCKITの取り扱い業者はこちら

KEYLEX 4000 Prime

集合住宅・オフィス向けに最適!配線工事も不要です

KEYLEX 4000 Primeの画像 施錠方式 暗証番号式(プッシュボタン型)
防犯対策 こじ開け防止用のノブ空転装置付き。一切電気を使わないシステムのため、停電時でもきちんと施錠できます。
設置工事 既存のドアに、装置取り付け用の穴を2つ開けるだけ。配線も不要なため、20分程度で設置できます。
参考価格 38,800円~(別途、設置費用が必要)
コメント

電気を使用しないので、配線工事なしでスピーディーに取り付けられます。注目の機能は、いつでも簡単に暗証番号を変更できる「クイック・ナンバー・チェンジ」。集合住宅などの場合、今までは入居者が換わるたびにカギを交換する必要がありましたが、これならワンタッチで変更できます。万が一、錠が破損した場合でも安全に動作する、フェイルセーフ設計になっています。

>>KELEXの取り扱い業者はこちら

InterLock

1戸建て・マンション・オフィス全てにマルチ対応!

InterLockの画像 施錠方式 非接触ICカード/暗証番号式
防犯対策 サムターン脱着機能を搭載。外出時にサムターンを取り外してしまえば、万が一空き巣が侵入しようとしても、絶対に解錠できなくなります。また、指定した時刻になると自動的に施錠する「おやすみロック機能」もなども搭載しています。
設置工事 電池駆動のため、配線工事は不要ですが、既存のシリンダー錠と併用する場合には工事が必要。
参考価格 63,000円~(別途、設置費用が必要)
コメント

おサイフケータイや、電子マネーカードをかざすだけで解錠できます。起動ボタンを押してからケータイやカードをかざす仕組みなので、開錠時以外のときに誤作動する心配もありません。それぞれ1戸建て、賃貸物件、ビル・公共施設に対応する、ユーザーモード、マスターモード、マネジメントモードの3つのモードを搭載。どんな物件にも対応できます。また、非接触型ICカードだけでなく、暗証番号での施錠も可能で、両方を併用して二重認証システムにすることも可能です。

>>InterLockの取り扱い業者はこちら

USS SMART 7

マンション共用部やオフィスの防犯に最適!

USS SMART 7の画像 施錠方式 指紋認証式
防犯対策 偽造指紋対策センサーを搭載。複数の照合ポイントを突き合わせ、事前に登録された指紋だけを確実に識別します。破壊行為を未然に防ぐため、センサー部には強化ガラスをしています。
設置工事 取付のため、ドアの穴あけ加工が必要ですが、ドア自体の交換は不要です。
参考価格 98,000円~(別途、設置費用が必要)
コメント

既存のサムターンの上にかぶせ、これを電気的に動かすシステムのため、ごく簡単な取り付け工事でOK。従来の指紋認証システムと比べ、格段に安い費用で設置できます。100指分の指紋が登録できるので、マンションの共有部やオフィスなど、人の出入りが激しい場所のロックに最適です。防滴加工のため、屋外の門扉などにも設置できます。

>>SMART7の取り扱い業者はこちら

どのオートロックシステムにするか決められない場合は

やはり自分では、どれが良いか分からない…
そんな時は、各業者に直接相談してみるのも一つの手です。

オートロックシステム付きの建物のイメージ相手はカギのプロですから、マンション向け、個人住宅向け、といったザックリした観点ではなく、個別の物件に合わせた最適なオートロックシステムを提案してくれます。

とくにマンション向けでは、戸数に合わせて値引きの交渉などに応じてくれる場合もあるので、一度は相談してみるべきだと思います。

警察庁傘下の日本防犯協会が認定する、セキュリティ設備のプロ(防犯設備士)が細かな相談にも応じてくれる会社もありましたので、気になる方はチェックしてみて下さい。

>>お奨めの施工会社の情報はこちら<<

オートロックシステム施工ナビ